あら茶をおいしく飲むためのコツ

あら茶というのは茶畑から摘んだ茶葉を一次加工した葉の事をいいます。この加工段階で茶葉の水分が抜かれ、その後にそれぞれのお茶の種類に応じて成形されるようになります。摘んだ茶葉には葉の先の薄い部分と、茎の太い部分とがあるので茎の部分に合わせ乾燥させてしまうと薄い葉の部分が崩れてしまう可能性があります。そこで、どの部分も均一に乾燥されるように少しずつ水分を抜いていくのがポイントとなります。こうする事で茶葉の中に旨味がぎゅっと閉じ込められるようになり、保存もしやすくなります。その後の流れで酸化発酵させればウーロン茶や紅茶になり、そのまま直ぐにあら茶を作る工場へと運搬され、蒸気で蒸したり釜へと入れられ蒸し煎りされれば酸化酵素の働きは止められるので、そのまま加工すると緑茶となります。

昔のあら茶は手もみで作られていた

その昔あら茶が作られていたのは、茶部屋と呼ばれていたお茶農家の屋敷に併設された専用の建物の中でした。現在はオートメーション化が進み、衛生管理も行き届くようになったので食品加工場と同じような造りの、あら茶工場と呼ばれる場所で作られるのが一般的です。基本的な工程は変わりませんが、その工場での生産規模によっては使用される機械の大きさや、コンピューターの導入されるレベルなどに違いがあります。しかし機械であら茶加工を行うようになっても、そのお手本となるのは手もみの技術です。手もみ独特の手のひらで茶葉を転がしたり団子状になった塊をほぐしたりする動作を、機械で可能な限り再現できるように部品の形状であったり、一つ一つの細かい動きなどに工夫がなされています。更に手もみと同じように機械で加工されている間も、茶葉は人肌の温度に保たれるようになっているのです。

あら茶の美味しい淹れ方をお教えします

種類があるあら茶の中でも、茶葉を摘んだその日の内に加工される必要がある新鮮さが命の緑茶、これを美味しく淹れる方法をお教えします。緑茶の特徴は、香りが爽やかな事、旨味がまろやかである事、そして程よく渋みがある事が特徴です。茶葉の産地や採れる季節によっても味が変わりますが、同じ茶葉であっても淹れる際に使用する茶葉の量やお湯の量、またその温度によっても味のバランスや香りに違いが出るので、様々な味を楽しむ事ができます。緑茶の持ち味を導き出すコツがあるので、それを知って自分の好みに合う緑茶を淹れられるようになれば、来客時にお茶を出す時にも自信が付くというものでしょう。ポイントは3つで、茶葉の量とお湯の量、それに緑茶を抽出する時間です。この時間によって味がかなり大きく変わってくるので是非参考にしてみて下さい。