あら茶にはどんな魅力があるのか

古今東西老若男女、お茶の文化は浸透しており、多くの種類があります。同じ緑茶でも日本茶と中国茶があり、ウーロン茶は中国で有名なお茶ですが、緑茶ではなく、青茶の一種です。緑茶、白茶、ウーロン茶、紅茶などは葉の種類としてはカメリアシネンシスというツバキ科のお茶の木からできています。産地などの違いはありますが、我々がお茶と言っている基本はこの葉となり、大きくいえば発酵の度合いによって種類が変わってくるという話です。あら茶は緑茶の一種です。一般的に世に出ている緑茶は蒸して乾燥させた後、仕上げ加工が施され玉露や煎茶となるわけですが、この仕上げ加工がおこなわれないものをあら茶といいます。つまり茶畑でとれたお茶を茶葉の酸化を止める作業のみを行った、とれたてのお茶ということになります。つまり最も自然な味を堪能できるお茶のひとつというのが魅力ということです。

あら茶は気軽に飲むことができるお茶

本来、あら茶はお茶問屋に運ばれた後、お茶問屋の手によって仕上げ加工を行うことが多く、一般的にはあまり流通はしていませんが、やはり、その茶葉本来の味わいを好む方が多く、ファンの多いお茶のひとつです。お茶農家の方は、普段はあら茶を飲むことも多く、お茶農家直営の製茶工場などであら茶が売られていることがあります。またネット通販などでも取り扱いがあり、比較的高いものではないので、気軽に試すこともできます。比較的高価なお茶といえば、やはり玉露でしょう。これは緑茶の種類のことで産地の違いではないものですが、玉露は新芽が出始めてから、日光を遮って育てます。かぶせ茶も同じことをいますが、日光を遮る期間が玉露よりも短い期間になります。つまり光合成をおさえることで渋みの成分であるカテキンを抑える効果があるのです。

あら茶の淹れ方はこだわりすぎないこと

あら茶は二次加工されていないお茶のことなので、煎茶や深蒸し茶など色々なあら茶があります。ですからお茶の種類に合わせて淹れ方を変えることで、最も美味しい味が出るわけですが、普段使い用のお茶でもあるので、あまり気負わず好きなように飲むことをお勧めします。正しく美味しいお茶を飲むことも楽しいですが、こだわりすぎることで、かえってお茶の味がわからなくなることもあります。あとは、お茶を入れて長い間急須に入れたままにしないことが大切です。お茶は乾燥させていますが、一度お湯を通した茶葉は腐敗しやすくなります。そのままにしておくことは良くないですし、まして翌朝、そのまま飲むのは衛生上もよくないです。宵越しのお茶は飲むなという格言は酸化によって毒が出るという話からになりますが、単純に衛生上の問題のようです。楽しく安全にお茶を楽しんでほしいです。