通販でも購入することができるあら茶

収穫した茶葉は摘んだままの状態では酸化が進んでしまうので、摘んだ茶葉を製茶工場に運び、蒸し、揉み、乾燥の工程を行ないます。これらの工程を行って、製茶になった状態をあら茶と呼びます。一般的に流通されている茶葉は、市場から問屋へ渡り他の茶葉とブレンドされ二次加工品された茶葉が消費者の元へ届く仕組みとなっています。つまり、あら茶というのは人の手で加工が全く加われていない、茶葉本来の味わいを楽しむことができるお茶です。葉っぱそのままを感じることができるお茶と言えます。茶葉の栽培は、毎年同じ茶畑や茶樹であっても、その年の環境によって風合いも味わいも異なります。あら茶でしか味わうことのできない毎年ごとの風味は、お茶専門店はもちろんのこと通信サイトを利用することで簡単に賞味することができます。

一般的に流通している茶葉にはないあら茶の魅力

一般的に流通している茶葉では、問屋やお茶屋ごとに独自でブレンドした製品になるので、あら茶本来の味を楽しみたい方はあら茶のみの販売をされている茶葉を選ぶことが必須です。あら茶の魅力には、お茶本来のさわやかな味わいや飽きのこない渋みなど、自然の風味そのままを味わうことができます。茶葉をあら茶にしていく工程内の蒸しの作業では、蒸し時間を長くすることで味や香り、色に違いをだしています。蒸しの時間が長くなるほど茶葉の細胞が破壊されるので、注いだお茶は濁った水色になります。工程の時間によって出来上がりの状態が違ってくるのも、あら茶独特の製法方法です。茶畑に行かないとみることができない茶葉を、1枚1枚目で観賞でき手で触れる楽しみもあるのでお茶好きな方にはたまらない商品です。あら茶の楽しみ方には、産地や時期の違う茶葉を複数購入しそれぞれ飲み比べてみるのも醍醐味の1つです。

あら茶に含まれている体に良い成分

葉や茎の状態で飲むことができるあら茶には、アミノ酸が多く含まれています。お茶のうま味には有機ポリフェノールもあり美容効果も高い飲み物です。またお茶成分でよく聞かれるカテキンには、脂肪の燃焼効率をあげる効果がありダイエット効果が期待できます。動脈硬化や高血圧を招く、コレステロールの予防対策にも高い効果を持っています。あら茶に含まれるカテキンで虫歯予防も行えることから、お茶離れが多くなっている若い世代から小さいお子さんには特に最適です。あら茶の美味しい入れ方では、茶こしのついた急須に1人分で約7グラムから10グラムの茶葉を入れます。そこへ、熱湯を注ぎ茶葉が急須の中でまんべんなく広がるようゆっくり回すのがコツです。使用する水は、ミネラルウォーターが最も相性が良いです。